2012年03月31日

『大河ドラマと地域文化』が出版されました。

大石学・時代考証学会編『大河ドラマと地域文化―「篤姫」「龍馬伝」と鹿児島―』が城書房より刊行されました。

 大河ドラマの舞台となることは地域の歴史・文化にどのような影響があるのか。大河ドラマと市民の歴史意識、地域史研究との三者の関係構造を時代考証学という新たな学問領域によって切り結ぶ。
 本書は、時代考証学会第1回フォーラムの成果報告集であり、大河ドラマを通した地域おこしや地域史研究の進展を一過性のものとせず、地域文化とは何かを見つめ直すための試みである。



目次
 序
第一部 時代考証学会第1回フォーラム「大河ドラマと地域文化―『篤姫』『龍馬伝』と鹿児島―」
 趣旨説明(大石学)
  時代考証という歴史叙述―大河ドラマ『龍馬伝』の実践から―(佐藤宏之)
 大河ドラマと地域史―「篤姫」と鹿児島城大奥を中心に―(崎山健文)
 大河ドラマ『篤姫』の時代考証を担当して(原口泉)
 データベースから見る大河ドラマ―考証・指導と地域文化の視点から―(大橋毅顕)
 地域社会が大河ドラマから学び取るもの
   ―放送前と放送後の取り組みとその効果・変化について―(中原國男)
  大河ドラマ『篤姫』と『龍馬伝』のなかの薩摩(土屋勝裕)
  時代劇と鹿児島という舞台(榎木孝明)
  パネルディスカッション(司会・三野行徳、工藤航平)
 第1回フォーラム参加記(永島知織・飯田ゆり恵・榊将和)
 地域文化創造の源泉としての大河ドラマとその再生産の可能性
   ―第1回フォーラムの成果と課題―(野本禎司)
  地域文化としての大河ドラマ―第1回フォーラムアンケートから(望月良親)

第二部 観光資源から地域文化へ
 大河ドラマのロケを迎える(有村博康)
 大河ドラマ『龍馬伝』の地方ロケ―地方ロケをする理由―(津田温子)
 大河ドラマ『篤姫』放映中の南日本新聞(江口淳司)
 大河ドラマの誘致と観光振興(奈良迫英光)
 「鹿児島歴史探訪コース」をめぐって(熊ア惠理那・杉山綾・阿久津美紀)
 あとがき(佐藤宏之)
posted by 時代考証学会 at 00:00 | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

『大河ドラマをつくるということ』が出版されました。

大石学・時代考証学会編『大河ドラマをつくるということ―時代考証学の提唱―』が名著出版より刊行されました。

 大河ドラマをつくる想いとみる想いをつなぐ時代考証。リアリズムの追究や市民社会との関連において時代考証学の提唱するものとは。
 本書は、同会の第2回シンポジウムの記録集であり、大河ドラマと時代考証学との関わりを通して、プロデューサー・人物デザイナー・小道具制作者や歴史学者・教育関係者・マスコミ関係者など、さまざまな分野から、市民社会における時代考証学の意義の検証を試みる。



目次
序 歴史作品とリアリティー(大石 学)

第一部 時代考証学会第二回シンポジウム「大河ドラマと時代考証」
 歴史学と時代考証との関わり―大河ドラマ「篤姫」を題材に―(竹村 誠)
 大河ドラマと博物館展示(市川 寛明)
 制作現場から見た、大河ドラマと時代考証(屋敷 陽太郎)
 時代考証と人物デザインの共鳴(柘植 伊佐夫)
 第二回シンポジウムパネルディスカッション(司会・工藤 航平、望月良親)
 食い違う思惑―第二回シンポジウム感想記(樽 永)
 時代考証がつなぐもの―第二回シンポジウムによせて(神谷 大介)
 大河ドラマの成り立つしくみ―第二回シンポジウム成果と課題(三野 行徳)
 第二回シンポジウム・アンケートから見えるもの(佐藤 麻里)

第二部 大河ドラマ像の現在と時代考証学
 「歴史の語り部」としての大河ドラマ
    ―歴史ドラマの制作方式と特徴について―(鈴木 嘉一)
 歴史研究者から見た大河ドラマ(門松 秀樹)
 大河ドラマと小道具制作(祝 大輔)
 データ放送の現場から―大河ドラマ制作スタッフ訪ね歩き―(佐々木 瑞紀)
 大河ドラマと学校教育現場(鈴木 崇資)
 大河ドラマから生まれたコミュニティー(番田 清美)
 大河ドラマと市民講座
    ―時代考証講座を社会にアナウスする事の意義について―(風間 由貴子)
あとがき(野本 禎司)
posted by 時代考証学会 at 00:00 | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

平成23年度放送文化基金の研究助成に採択されました。

平成23年度放送文化基金研究助成〈人文社会・文化〉

時代考証学会(代表:大石学)
「時代考証学の構築にむけてU―地域文化における大河ドラマの受容とその特質の解明―」

2012年3月2日に「助成・援助金贈呈式」に出席しました。
IMG_8798.JPG
posted by 時代考証学会 at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

2011年11月23日(水・祝)時代考証学会第3回シンポジウムの御案内

大河ドラマと市民の歴史意識


日時:2011年11月23日(水・祝)10:30〜17:20(10:15開場)
会場:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス 101・102教室
   http://www.kyoto-art.ac.jp/other/access02.html
   東京都港区北青山1-7-15
  [アクセス]                              
   ■JR総武線「信濃町駅」より改札を左折、徒歩約5分
   ■東京メトロ半蔵門線・銀座線・都営地下鉄大江戸線「青山一丁目駅」より
0番出口、徒歩約8分

参加費:1,000円


※121名のみなさまに参加していただきました。

ありがとうございました。


P1040067.JPG


[プログラム]

10:30〜
趣旨説明
野本 禎司

時代考証学会/杉並区教育委員会嘱託員(文化財担当)/大河ドラマ「篤姫」資料提供


第1部 大河ドラマのなかの幕末像
10:45〜
三野 行徳
大河ドラマのなかの新選組と幕末―時代考証を通じて―

時代考証学会/東洋英和女学院大学非常勤講師/大河ドラマ「新選組!」資料提供

11:30〜
桐野 作人
大河ドラマ「龍馬伝」と龍馬暗殺の背景

歴史作家/『江の生涯を歩く』『さつま人国誌 幕末・明治編』など多数

13:15〜
鈴木  圭
大河ドラマ「龍馬伝」が目指したもの

NHK制作局/大河ドラマ「龍馬伝」チーフ・プロデューサー

14:10〜
パネルディスカッション
三野行徳・桐野作人・鈴木圭


第2部 大河ドラマと江戸時代
15:00〜
江守  徹
大河ドラマの過去・現在・未来―出演経験を通じて―

俳優・ナレーター・劇作家・演出家/大河ドラマ「篤姫」「功名が辻」「武蔵」など多数出演
聞き手:佐藤宏之(時代考証学会/鹿児島大学准教授/大河ドラマ「龍馬伝」資料提供)

16:00〜
竹内  誠
大河ドラマと江戸時代像―時代考証の経験から―

江戸東京博物館館長/大河ドラマ「元禄繚乱」などの時代考証を担当

17:00〜
総括・閉会挨拶
大石  学

時代考証学会会長/東京学芸大学教授/大河ドラマ「龍馬伝」などの時代考証


司会:工藤航平(時代考証学会/国文学研究資料館機関研究員/大河ドラマ「龍馬伝」資料提供)

主催:時代考証学会(会長・大石学)
    時代考証学会事務局(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)
    〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1 東京学芸大学大石研究室 
本シンポジウムは、公益財団法人放送文化基金・平成22年度研究助成(研究課題「時代考証学の構築にむけて―NHK大河ドラマと市民の歴史意識の関係構造―」)および公益財団法人トヨタ財団・2011年度研究助成プログラム(研究課題「時代考証学の確立とその方法論的研究」)によって運営されています。

協力:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス

〈申し込み方法〉
申込期間:2011年10月5日(水)〜11月15日(火)  定員:100名(先着順
どなたでもご参加いただけます。
事前に申し込みが必要ですので、メール(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)に【お名前/電話番号/年齢/性別】をご記入のうえ送信いただくか、フォーム(https://ssl.form-mailer.jp/fms/0c39e504164319)よりお申し込みください。

時代考証や大河ドラマに興味・関心のある方、ぜひご参加くださいますようお願い申し上げます。部分参加も歓迎いたします。
posted by 時代考証学会 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シンポジウム・フォーラム・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

トヨタ財団・2011年度研究助成プログラムに採択されました。

トヨタ財団・2011年度研究助成プログラム

時代考証学会(代表:大石学)
「時代考証学の確立とその方法論的研究」
http://www.toyotafound.or.jp/project/research/d11-r-0563.html

2011年10月19日に「助成金贈呈式」に出席しました。
IMG_2951.JPG
posted by 時代考証学会 at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする