2011年11月23日

2011年11月23日(水・祝)時代考証学会第3回シンポジウムの御案内

大河ドラマと市民の歴史意識


日時:2011年11月23日(水・祝)10:30〜17:20(10:15開場)
会場:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス 101・102教室
   http://www.kyoto-art.ac.jp/other/access02.html
   東京都港区北青山1-7-15
  [アクセス]                              
   ■JR総武線「信濃町駅」より改札を左折、徒歩約5分
   ■東京メトロ半蔵門線・銀座線・都営地下鉄大江戸線「青山一丁目駅」より
0番出口、徒歩約8分

参加費:1,000円


※121名のみなさまに参加していただきました。

ありがとうございました。


P1040067.JPG


[プログラム]

10:30〜
趣旨説明
野本 禎司

時代考証学会/杉並区教育委員会嘱託員(文化財担当)/大河ドラマ「篤姫」資料提供


第1部 大河ドラマのなかの幕末像
10:45〜
三野 行徳
大河ドラマのなかの新選組と幕末―時代考証を通じて―

時代考証学会/東洋英和女学院大学非常勤講師/大河ドラマ「新選組!」資料提供

11:30〜
桐野 作人
大河ドラマ「龍馬伝」と龍馬暗殺の背景

歴史作家/『江の生涯を歩く』『さつま人国誌 幕末・明治編』など多数

13:15〜
鈴木  圭
大河ドラマ「龍馬伝」が目指したもの

NHK制作局/大河ドラマ「龍馬伝」チーフ・プロデューサー

14:10〜
パネルディスカッション
三野行徳・桐野作人・鈴木圭


第2部 大河ドラマと江戸時代
15:00〜
江守  徹
大河ドラマの過去・現在・未来―出演経験を通じて―

俳優・ナレーター・劇作家・演出家/大河ドラマ「篤姫」「功名が辻」「武蔵」など多数出演
聞き手:佐藤宏之(時代考証学会/鹿児島大学准教授/大河ドラマ「龍馬伝」資料提供)

16:00〜
竹内  誠
大河ドラマと江戸時代像―時代考証の経験から―

江戸東京博物館館長/大河ドラマ「元禄繚乱」などの時代考証を担当

17:00〜
総括・閉会挨拶
大石  学

時代考証学会会長/東京学芸大学教授/大河ドラマ「龍馬伝」などの時代考証


司会:工藤航平(時代考証学会/国文学研究資料館機関研究員/大河ドラマ「龍馬伝」資料提供)

主催:時代考証学会(会長・大石学)
    時代考証学会事務局(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)
    〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1 東京学芸大学大石研究室 
本シンポジウムは、公益財団法人放送文化基金・平成22年度研究助成(研究課題「時代考証学の構築にむけて―NHK大河ドラマと市民の歴史意識の関係構造―」)および公益財団法人トヨタ財団・2011年度研究助成プログラム(研究課題「時代考証学の確立とその方法論的研究」)によって運営されています。

協力:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス

〈申し込み方法〉
申込期間:2011年10月5日(水)〜11月15日(火)  定員:100名(先着順
どなたでもご参加いただけます。
事前に申し込みが必要ですので、メール(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)に【お名前/電話番号/年齢/性別】をご記入のうえ送信いただくか、フォーム(https://ssl.form-mailer.jp/fms/0c39e504164319)よりお申し込みください。

時代考証や大河ドラマに興味・関心のある方、ぜひご参加くださいますようお願い申し上げます。部分参加も歓迎いたします。
posted by 時代考証学会 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シンポジウム・フォーラム・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

トヨタ財団・2011年度研究助成プログラムに採択されました。

トヨタ財団・2011年度研究助成プログラム

時代考証学会(代表:大石学)
「時代考証学の確立とその方法論的研究」
http://www.toyotafound.or.jp/project/research/d11-r-0563.html

2011年10月19日に「助成金贈呈式」に出席しました。
IMG_2951.JPG
posted by 時代考証学会 at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

時代考証学会第1回フォーラムin鹿児島「大河ドラマと地域文化」

大河ドラマと地域文化―「篤姫」「龍馬伝」と鹿児島―

日時:2011年7月2日(土) 10:00〜17:30(9:30開場)
会場:鹿児島県歴史資料センター黎明館 講堂
http://www.pref.kagoshima.jp/reimeikan/annnai/access/koutuu.html
参加費 1,000円

※152名のみなさまに参加していただきました。
 ありがとうございました。

P7025477-1.JPG

[プログラム]
大石  学(東京学芸大学教授/時代考証学会会長/大河ドラマ「新選組!」「篤姫」「龍馬伝」時代考証)
 趣旨説明

佐藤 宏之(鹿児島大学准教授/時代考証学会/大河ドラマ「龍馬伝」資料提供)
 時代考証という歴史叙述―大河ドラマ「龍馬伝」の実践から―

崎山 健文(鹿児島県歴史資料センター黎明館調査史料室学芸専門員/「天璋院篤姫展」企画委員)
 大河ドラマと地域史―篤姫と鹿児島城大奥を中心に―

原口  泉(志學館大学教授/大河ドラマ「翔ぶが如く」「琉球の風」「篤姫」時代考証/映画「半次カ」制作決起会代表発起人)
 大河ドラマ「篤姫」の時代考証を担当して

大橋 毅顕(成蹊大学非常勤職員/時代考証学会/NHK時代劇「陽炎の辻」シリーズ時代考証補)
 データベースから見る大河ドラマ―考証・指導と地域文化の視点から―

中原 国男(国際観光旅館連盟副会長/鹿児島県観光連盟副会長/鹿児島県観光誘致促進協議会会長)
 地域社会が「大河ドラマから学びとるもの」―放送前と放送後の取り組みとその効果・変化について―

土屋 勝裕(大河ドラマ「篤姫」制作主任/大河ドラマ「龍馬伝」プロデューサー)
 大河ドラマ「篤姫」と「龍馬伝」のなかの薩摩

榎木 孝明(俳優/大河ドラマ「篤姫」出演/映画「半次カ」企画・主演)
 時代劇と鹿児島という舞台

パネルディスカッション
 佐藤宏之・崎山健文・原口泉・中原国男・土屋勝裕・榎木孝明

研究助成:公益財団法人放送文化基金・平成22年度研究助成(研究課題「時代考証学の構築にむけて―NHK大河ドラマと市民の歴史意識の関係構造―」)

後援:鹿児島県・鹿児島県教育委員会・NHK鹿児島放送局・社団法人鹿児島県観光連盟・鹿児島県観光誘致促進協議会

協賛:社団法人鹿児島県観光連盟・鹿児島県観光誘致促進協議会

追記:紹介記事
posted by 時代考証学会 at 00:00 | TrackBack(0) | シンポジウム・フォーラム・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

2011年7月2日(土) 時代考証学会第1回フォーラムin鹿児島の御案内

大河ドラマと地域文化

―「篤姫」「龍馬伝」と鹿児島―


日時:2011年7月2日(土) 10:00〜17:30(9:30開場)
会場:鹿児島県歴史資料センター黎明館 講堂
http://www.pref.kagoshima.jp/reimeikan/annnai/access/koutuu.html
鹿児島市城山町7番2号
【JR九州】鹿児島駅から徒歩15分   
鹿児島中央駅から電車・バスを利用
【市電・バス】「市役所前」下車徒歩5分
*公共交通機関のご利用をお願い申し上げます。

参加費 1,000円


[プログラム]
10:00〜

趣旨説明
大石  学

東京学芸大学教授/時代考証学会会長
大河ドラマ「新選組!」「篤姫」「龍馬伝」時代考証

時代考証という歴史叙述
―大河ドラマ「龍馬伝」の実践から―
佐藤 宏之

鹿児島大学准教授/時代考証学会/大河ドラマ「龍馬伝」資料提供

大河ドラマと地域史
―篤姫と鹿児島城大奥を中心に―
崎山 健文

鹿児島県歴史資料センター黎明館調査史料室学芸専門員
「天璋院篤姫展」企画委員

大河ドラマ「篤姫」の時代考証を担当して
原口  泉

志學館大学教授/大河ドラマ「翔ぶが如く」「琉球の風」「篤姫」時代考証
映画「半次カ」制作決起会代表発起人

13:30〜

データベースから見る大河ドラマ
―考証・指導と地域文化の視点から―
大橋 毅顕

成蹊大学非常勤職員/時代考証学会/NHK時代劇「陽炎の辻」シリーズ時代考証補

地域社会が「大河ドラマから学びとるもの」
―放送前と放送後の取り組みとその効果・変化について―
中原 国男

国際観光旅館連盟副会長・鹿児島県観光連盟副会長
鹿児島県観光誘致促進協議会会長

大河ドラマ「篤姫」と「龍馬伝」のなかの薩摩
土屋 勝裕

大河ドラマ「篤姫」制作主任/大河ドラマ「龍馬伝」プロデューサー

時代劇と鹿児島という舞台
榎木 孝明

俳優/大河ドラマ「篤姫」出演/映画「半次カ」企画・主演

パネルディスカッション
佐藤宏之・崎山健文・原口泉・中原国男・土屋勝裕・榎木孝明


総括 野本禎司 杉並区教育委員会嘱託員(文化財担当)/時代考証学会/大河ドラマ「篤姫」資料提供
総合司会 望月良親 公益財団法人コ川記念財団研究員/時代考証学会/NHK時代劇「最後の忠臣蔵」資料提供
司会 三野行徳 東洋英和女学院大学非常勤講師/時代考証学会/大河ドラマ「新選組!」資料提供
    工藤航平 国文学研究資料館機関研究員/時代考証学会/大河ドラマ「龍馬伝」資料提供

主催:時代考証学会(会長・大石学)
    時代考証学会事務局(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)
    〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1 東京学芸大学大石研究室 
本フォーラムは、公益財団法人放送文化基金・平成22年度研究助成(研究課題「時代考証学の構築にむけて―NHK大河ドラマと市民の歴史意識の関係構造―」)によって運営されています。

後援:鹿児島県・鹿児島県教育委員会・NHK鹿児島放送局・社団法人鹿児島県観光連盟・鹿児島県観光誘致促進協議会

協賛:社団法人鹿児島県観光連盟・鹿児島県観光誘致促進協議会

〈申し込み方法〉
申込期間:2011年6月6日(月)〜30日(木) 定員:200名
どなたでもご参加いただけます。
事前に申し込みが必要ですので、下記フォームよりお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8f673db4152159

時代考証に興味・関心のある方、全国の「篤姫」・「龍馬伝」ファンの方々、ぜひご参加くださいますようお願い申し上げます。

追記:紹介記事
posted by 時代考証学会 at 00:00 | TrackBack(0) | シンポジウム・フォーラム・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

『時代考証にみる新江戸意識』が出版されました。

大石学編『時代考証にみる新江戸意識』が名著出版より刊行されました。

 「江戸のイメージ」を、ややもすると固定観念だけで見てはいないだろうか!江戸の文化や人々の暮らしを、新たな視角からとらえると、「新しい江戸のイメージ」を、ひらくことができると考える。
 たとえば、瓦版や高札は誰もが読むことが出来たのだろうか。当時の外国人から見えた人々の文化水準は、どのように映ったのだろうか。
 幕末期の「新撰組」の実態とは。政変下における「篤姫」の果たした役割、また、「龍馬」の実像とは、どのようなものであったのか。
 本書は、NHK大河ドラマ「新選組!」「篤姫」「龍馬伝」の時代考証に携わった執筆者たちが、ドラマ製作でのエピソードや場面設定での考証を通して、史料にもとづく、「新たらしい江戸のイメージ」を、わかりやすい文章と多くの読み(ルビ)を付して提唱する。




目次
はじめに(大石学)
一 江戸イメージの変化(大石学)
二 江戸時代にもあった政権交代(大石学)
三 江戸の教育力(大石学)
四 「『新選組!』剣術家集団の実像」(三野行徳)
五 安政期の政局と大河ドラマ『篤姫』(野本禎司)
六 「龍馬が遺したモノ!―ぼくの龍馬・わたしの龍馬・「本物」の龍馬ー」(佐藤宏之)
あとがき(小出英樹)

posted by 時代考証学会 at 00:00 | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする