2015年10月19日

2015年11月14日(土)第7回時代考証学会シンポジウムの御案内

2015年11月14日(日)に、第7回シンポジウムを開催することになりましたので、ご連絡申し上げます。




明治・大正・昭和を考証する
−時代考証の現場から−



日時:2015年11月14日(土) 13:00〜17:45(12:40開場)
会場:明治大学駿河台校舎1012教室(リバティタワー1階)
    東京都千代田区神田駿河台1−1
 [アクセス]                              
  ・JR中央線・総武線・東京メトロ丸ノ内線御茶ノ水駅下車徒歩約3分
  ・東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅下車徒歩約5分
  ・都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線神保町駅下車徒歩約5分
参加費:500円

※58名のみなさまにご参加いただきました。
ありがとうございました。

DSCN2606 (800x600).jpg



[報告タイトル/報告者]

近現代を描いた時代劇メディアと歴史学
花岡敬太郎

時代考証学会・明治大学大学院文学研究科博士後期課程


NHKドラマ「戦後を創った男・吉田茂」「白洲次郎」などを考証して
小田部雄次

静岡福祉大学教授


時代考証はアイデアの宝庫〜近現代ドラマ制作現場からの報告
安達もじり

NHKドラマ番組部ディレクター

ほか


主催:時代考証学会(会長・大石学)
    時代考証学会事務局(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)
    〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1 東京学芸大学大石研究室 

〈申し込み方法〉
定員:120名(先着順) ※定員に達し次第、申し込みを締め切ります。  
申込期間:11月11日(水)まで
 どなたでもご参加いただけます。
 事前に申し込みが必要ですので、こちらのフォームまたはメール(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)に【お名前/メールアドレス/住所/今後時代考証学会からのお知らせを希望するか】をご記入のうえお申し込みください。
 後日当会より、整理番号をメールにてご返信させていただきます。

※お席に余裕がありますので引き続きご参加を受付ています。
 期日が迫り、お申し込みいただいてもご返信できない場合があります。
 事前にお申し込みいただかなくても、また、整理番号の返信がなくても、
 当日会場へ直接お越しください。



みなさまの御周辺に時代考証に関心がある人がおられましたら、お誘いあわせのうえ、ご来場いただきたく、お願い申し上げます。部分参加も歓迎いたします。
posted by 時代考証学会 at 05:26 | TrackBack(0) | シンポジウム・フォーラム・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

2015年7月25日(土)時代考証学会・第6回サロンのご案内

時代考証学会 第6回サロン

「時代考証学のあらたなひろがり−アニメ・海外の時代劇を素材に−」



西山剛氏
(京都府京都文化博物館学芸員・時代考証学会/日本中世史)

「時代劇アニメの中世史表象−身分・職能・聖性−」



ル・ルー ブレンダン氏
(帝京大学外国語学部専任講師・時代考証学会/日本近世史)

「海外時代劇の時代考証を考える
−フランス国立視聴覚研究所(INA)データベースと言語考証からヒントを得て−」




開催趣旨


 時代考証学会第6回サロンでは、第1回サロンに続いて、時代考証学会事務局から、時代考証学のひろがりを議論する場を設けたいと思います。今回テーマに取り上げるのは、歴史を題材にしたアニメ作品と、海外の時代劇です。
 第4回フォーラム(仙台)や第6回シンポジウムでも話題に上りましたが、歴史を題材にしたアニメ作品は、これまでたいへん多くの作品が制作され、とくに若者の歴史意識に大きく働きかけていることが知られています。「カムイ伝」や「もののけ姫」は、歴史学の成果とも切り結びつつ、現代的課題から中近世社会へアプローチした作品として分析がされていますし、「戦国BASARA」や「薄桜鬼」は、あらたな歴史ファンを開拓した作品として知られています。時代考証学会では、2014年度より、アニメ担当を設け、歴史を題材としたアニメ作品について検討してきました。今回は、時代考証学会アニメ担当の西山剛氏に、歴史を題材としたアニメを検討する上での方法や論点について、ご報告いただきます。
 第3回フォーラム(京都)での議論のなかで、時代劇の枠を、江戸時代を題材としたいわゆる「時代劇」から解放し、ある歴史上の時代や地域、人物を取り扱う作品であれば時代劇として捉える視点の必要性が、複数の報告者から指摘されました。時代考証学会では、江戸時代を対象とした作品をベースに議論を組み立てる一方、日本の古代や近現代を舞台とする作品についても、これまで議論を重ねてきています。そして今回、あらたな対象として検討したいのが、海外の時代劇です。ここ数年のあいだにも、韓国をはじめ、中国、イギリス、スペインを舞台とした作品がブームとなり、各国の歴史への関心を喚起していることが知られています。第3回フォーラムでは、歴史を題材とした作品の普遍性や、海外の時代劇を議論の俎上に載せる重要性が指摘されました。時代考証学会では、2012年度より海外の時代劇担当を設け、各国の映像作品を取り巻く環境を含め、海外の時代劇について検討してきました。今回は、時代考証学会海外時代劇担当のル・ルー ブレンダン氏に、フランスを中心とする欧米圏の時代劇作品について、ご報告いただきます。

 
日時:2015年7月25日(土)14:00〜17:00
会場:帝京大学霞ヶ関キャンパス 教室1
   (東京都千代田区平河町2-16-1 平河町森タワー9階)
アクセス:
●東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線「永田町駅」より徒歩約1分(4番出口)
●東京メトロ銀座線、丸ノ内線「赤坂見附駅」より徒歩約6分(7番出口)


参加費 200円

※26名のみなさまにご参加いただきました。
ありがとうございました。

IMG_9757 (3).JPG


≪申し込み方法≫
申込期間 2015年7月9日(木)〜7月23日(木)

定員 30名(先着順)
どなたでもご参加いただけます。

※事前に申し込みが必要です。
こちらの フォーム より、またはメール(jidaikousyou[at]live.jp※[at]を@にかえてください)に【お名前/メールアドレス/今後時代考証学会からのお知らせを希望するか】をご記入のうえ申込期間内にお申し込みください。後日、当学会より整理番号をメールにてご返信させていただきます。
posted by 時代考証学会 at 03:15 | TrackBack(0) | シンポジウム・フォーラム・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

時代考証学会後援事業のご案内

下記の事業の後援をおこなうことになりましたので、ご連絡申し上げます。

                   記

歴史手習塾 Seminar20
「勝者から敗者へ 徳川将軍家がたどった道」


日時:2015年7月19日(日)15:00開講、20日(月・祝)10:00開講

会場:清凉寺(滋賀県彦根市古沢町1100 )

出演:大石 学(当会会長)

料金:全席自由(定員100名)、2日2,000円/1日1,200円

発売日:6月2日(火)

発売所:ひこね市文化プラザチケットセンター/ビバシティ平和堂/アル・プラザ彦根

主催:特定非営利活動法人ひこね文化デザインフォーラム

後援:彦根市・彦根市教育委員会/彦根商工会議所/公益社団法人彦根観光協会/彦根商店街連盟/時代考証学会
助成:文化庁 文化遺産を活かした地域活性化事業

問い合せ先:特定非営利活動法人ひこね文化デザインフォーラム(〒522-0063 滋賀県彦根市中央町7-47 Kビル3階
TEL0749-23-3383 FAX0749 -27-6880 E-MAIL tenaraijuku@hcdf.jp)

詳しくは以下のHPをご覧下さい。アドレス http://hcdf.jp/ (6月下旬開設予定)
posted by 時代考証学会 at 03:34 | TrackBack(0) | 後援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

2015年2月21日(土)時代考証学会・第5回サロンのご案内

時代考証学会 第5回サロン

「近代・現代を描いた時代劇と時代考証U」



石居人也氏

(一橋大学准教授/日本近代史・社会史)


「近代を考証する −「足尾から来た女」での経験から−」



開催趣旨


 時代考証学会第5回サロンでは、前回のサロンに引き続き、近現代の社会を描いた時代劇と時代考証に焦点をあてたいと思います。今回取り上げるのは、2014年1月18日・25日の2回にわたって、NHK総合土曜ドラマで放送された「足尾から来た女」です。「足尾から来た女」は、明治末期に栃木県の足尾で起こった足尾銅山事件を題材に、鉱毒被害に遭った女性の視点から、地域社会やそこに生きる人々と公害や政治との関係を描いた作品です。現代社会を生きる私たちにとってたいへん重大なテーマであると同時に、その実証的な描き方は、歴史叙述の在り方をめぐっても評価が高く、また、議論を読んだ作品です。
 そこで、今回のサロンでは、日本近代史・社会史がご専門で、「足尾から来た女」で時代考証を担当された石居人也さんにご報告をお願いしました。時代考証の実務については、当会でもこれまで度々取り上げてきましたが、近現代を描いた作品の時代考証について考えるのははじめての試みになります。また、時代考証のご経験を通じて、歴史学・近代史と時代劇・歴史作品との関係についても、ご検討いただく予定です。


日時:2015年2月21日(土)14:00〜16:30
会場:帝京大学霞ヶ関キャンパス 教室1
   (東京都千代田区平河町2-16-1 平河町森タワー9階)
アクセス:
●東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線「永田町駅」より徒歩約1分(4番出口)
●東京メトロ銀座線、丸ノ内線「赤坂見附駅」より徒歩約6分(7番出口)



参加費 200円


※24名のみなさまにご参加いただきました。
ありがとうございました。

IMG_9027.JPG


≪申し込み方法≫
申込期間 2015年1月25日(日)2月15日 2月20日(金)
まだ人数に若干の余裕がございます。フォーム またはメールにてお申し込み下さい

定員 30名(先着順)
どなたでもご参加いただけます。
※事前に申し込みが必要です
こちらの フォーム より、またはメール
jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)に【お名前/メールアドレス/今後時代考証学会からのお知らせを希望するか】をご記入のうえ申込期間内にお申し込みください。後日当学会より整理番号をメールにてご返信させていただきます。
posted by 時代考証学会 at 00:00 | TrackBack(0) | シンポジウム・フォーラム・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

2014年11月23日(日)第6回時代考証学会シンポジウムの御案内

2014年11月23日(日)に、第6回シンポジウムを開催することになりましたので、ご連絡申し上げます。



戦国時代イメージを考える
―時代劇メディア・学問・市民―



日時:2014年11月23日(日) 13:00〜17:30(12:30開場)
開場:東京学芸大学・W110教室
   http://www.u-gakugei.ac.jp/07access/
   東京都小金井市貫井北町4−1−1
   ★会場は以下の小金井キャンパスマップの青色の13番、西講義棟(W110)です。
   (http://www.u-gakugei.ac.jp/pdf/gakugeimap2013a.pdf

[アクセス]                              
 ・JR武蔵小金井駅・北口より
 【京王バス】〔5番バス停〕「小平団地」行に乗車、約10分。「学芸大正門」下車、徒歩約3分(徒歩の場合は約20分)
 ・JR国分寺駅より
 徒歩約20分(JR国分寺駅北口→早稲田実業学校→連雀通り/小金井市保健センター前)

参加費:1,000円


※48名のみなさまにご参加いただきました。
ありがとうございました。

DSCN1742.JPG




[報告タイトル/報告者]

「戦国時代・武将のイメージ形成過程について」
山野井 健五
時代考証学会・めぐろ歴史資料館


「戦国大名の実像−殿様と家来−」
佐々木 倫朗
大正大学教授


「戦国武将を演じるにあたって」
森田 順平
俳優


「時代劇は存続するか?」
佐藤 峰世

NHKエンタープライズ制作本部 ドラマ番組エグゼクティブ・ディレクター



主催:時代考証学会(会長・大石学)
    時代考証学会事務局(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)
    〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1 東京学芸大学大石研究室 

〈申し込み方法〉
定員:120名(先着順) ※定員に達し次第、申し込みを締め切ります。  
申込期間:11月20日(木)まで
 どなたでもご参加いただけます。
 事前に申し込みが必要ですので、こちらのフォームまたはメール(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)に【お名前/メールアドレス/住所/今後時代考証学会からのお知らせを希望するか】をご記入のうえお申し込みください。
 後日当会より、整理番号をメールにてご返信させていただきます。

※お席に余裕がありますので引き続きご参加を受付ています。
 期日が迫り、お申し込みいただいてもご返信できない場合があります。
事前にお申し込みいただかなくても、また、整理番号の返信がなくても、
当日会場へ直接お越しください。


みなさまの御周辺に時代考証に関心がある人がおられましたら、お誘いあわせのうえ、ご来場いただきたく、お願い申し上げます。部分参加も歓迎いたします。
posted by 時代考証学会 at 22:45 | TrackBack(0) | シンポジウム・フォーラム・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする