2016年07月30日

時代考証学会後援事業のご案内

下記の事業の後援をおこなうことになりましたので、ご連絡申し上げます。



幕末明治の福井のシンポジウム
〜幕末明治を福井から描く〜



日時:平成28年7月31(日)13:30〜15:30(13:00開場予定)

場所:ハピリンホール(福井市中央1丁目 福井駅西口再開発ビル「ハピリン」 3F)

出演者:大石学氏(時代考証学会長、東京学芸大学副学長)
    梶原登城氏(NHKドラマ番組部チーフ・ディレクター)
    角鹿尚計氏(福井市立郷土歴史博物館長、学芸員)
内容:トークセッション(2部構成)
    1部「幕末明治と福井」大石氏、角鹿氏
    2部「ドラマ制作の現場からみた幕末明治」大石氏、梶原氏

定員:200人(入場無料、要申込、先着順)

申込方法:電話(0776-20-0762)、FAX(0776-20-0513)、eメール
  (brand@pref.fukui.lg.jp)のいずれかでブランド営業課までお申込みください。
  ・FAX、eメールでお申込みの際は、お名前、電話番号、希望人数を明記の上、
  送付願います。なお、申込時点で定員に達していた場合のみご連絡をいたします。

その他:来場の際は、公共交通機関をご利用ください。

主催:福井県・福井県大河ドラマ誘致推進協議会
後援:時代考証学会

問い合わせ先:福井県ブランド営業課(電話番号:0776-20-0762、
       ファックス:0776-20-0513、メール:brand@pref.fukui.lg.jp)

詳しくは以下のHPをご覧下さい。
 http://www.pref.fukui.jp/doc/brandeigyou/bakumatumeiji/280731sinpo.html
posted by 時代考証学会 at 07:10 | TrackBack(0) | 後援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

時代考証学会後援事業のご案内

下記の事業の後援をおこなうことになりましたので、ご連絡申し上げます。

                   記

歴史手習塾 Seminar20
「勝者から敗者へ 徳川将軍家がたどった道」


日時:2015年7月19日(日)15:00開講、20日(月・祝)10:00開講

会場:清凉寺(滋賀県彦根市古沢町1100 )

出演:大石 学(当会会長)

料金:全席自由(定員100名)、2日2,000円/1日1,200円

発売日:6月2日(火)

発売所:ひこね市文化プラザチケットセンター/ビバシティ平和堂/アル・プラザ彦根

主催:特定非営利活動法人ひこね文化デザインフォーラム

後援:彦根市・彦根市教育委員会/彦根商工会議所/公益社団法人彦根観光協会/彦根商店街連盟/時代考証学会
助成:文化庁 文化遺産を活かした地域活性化事業

問い合せ先:特定非営利活動法人ひこね文化デザインフォーラム(〒522-0063 滋賀県彦根市中央町7-47 Kビル3階
TEL0749-23-3383 FAX0749 -27-6880 E-MAIL tenaraijuku@hcdf.jp)

詳しくは以下のHPをご覧下さい。アドレス http://hcdf.jp/ (6月下旬開設予定)
posted by 時代考証学会 at 03:34 | TrackBack(0) | 後援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

時代考証学会後援事業のご案内

下記の事業の後援をおこなうことになりましたので、ご連絡申し上げます。

                    記

ひこね市民大学講座 歴史手習塾 Seminar15「謎解き 八重の桜 -時代考証からNHK大河ドラマを読み解く-」

日時:2013年2月1日(金)、2月22日(金)、3月23日(土) 18:30開場 19:00開講

会場:ひこね市文化プラザ メッセホール

出演:大石 学(当会会長)
第2講座講師としてNHK大河ドラマ「八重の桜」制作統括・内藤愼介氏が登場

料金:全席自由(定員150名)、一般 3,000円、スチューデントパスポート会員 1,800円

発売日:2012年12月6日

発売所:ひこね市文化プラザチケットセンター

主催:ひこね市文化プラザ

後援:彦根市/彦根市教育委員会/NHK大津放送局/彦根商店街連盟/時代考証学会

問い合せ先:ひこね市文化プラザ(〒522-0055 滋賀県彦根市野瀬町187-4、TEL: 0749-26-8601 FAX: 0749-26-8602)

詳しくは以下のHPをご覧下さい。http://bunpla.jp/event/detail/552/
posted by 時代考証学会 at 06:38 | TrackBack(0) | 後援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする