2018年11月01日

2018年11月24日(土)第10回時代考証学会シンポジウムの御案内

2018年11月24日(土)に、第10回シンポジウムを開催することになりましたので、ご連絡申し上げます。


今年の時代考証学会のシンポジウムでは、「他者」と時代劇メディアをテーマとして日本の時代劇メディアにおいて日本列島の北(アイヌ・蝦夷)と南(琉球・奄美)の諸民族がどのように描写されてきたのかについて考えたいと思います。

日 時:2018年11月24日(土)13時〜(12:40開場)
会 場:明治大学駿河台校舎1074教室(リバティタワー7階)
    東京都千代田区神田駿河台1−1
   
   *会場の情報に誤りがありました。以下のように訂正いたします。たいへんご迷惑をおかけいたしました。
    (誤)1011教室 → (正)1074教室

[アクセス]                              
  ・JR中央線・総武線・東京メトロ丸ノ内線御茶ノ水駅下車徒歩約3分
  ・東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅下車徒歩約5分
  ・都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線神保町駅下車徒歩約5分
  http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
参加費:500円



【報告タイトル/報告者】

時代劇メディアにおける琉球・蝦夷を描くこと
『テンペスト』 と 『火怨・北の英雄 アテルイ伝』の経験を踏まえて(仮)
田中英治

(演出家。NHKエンタープライズ)


アイヌ民族とシェイクスピアを創る
『アイヌ オセロ』 
下館和巳

(シェイクスピア・カンパニー主宰、演出家。東北学院大学教授)


時代劇メディアの中のアイヌ
『コタンの口笛』 から 『ゴールデンカムイ』 まで
中川 裕

(千葉大学教授。アイヌ語研究。『ゴールデンカムイ』アイヌ語監修)


主催:時代考証学会(会長・大石学)
    時代考証学会事務局(jidaikousyou[at]live.jp)
                 ※[at]を@にかえてください
    〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1
                 東京学芸大学大石研究室 
〈申し込み方法〉
定員:100名(先着順)  
事前申込期間:11月21日(水)まで
 どなたでもご参加いただけます。
 事前に申し込みが必要ですので、こちらのフォームまたはメール(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)に【お名前/メールアドレス/今後時代考証学会からのお知らせを希望するか】をご記入のうえお申し込みください。
 後日当会より、整理番号をメールにてご返信させていただきます。

※お席に余裕がありますので引き続きご参加を受付ています。
 期日が迫り、お申し込みいただいてもご返信できない場合があります。
 事前にお申し込みいただかなくても、また、整理番号の返信がなくても、
 当日会場へ直接お越しください。


みなさまの御周辺に時代考証に関心がある人がおられましたら、お誘いあわせのうえ、ご来場いただきたく、お願い申し上げます。部分参加も歓迎いたします。
posted by 時代考証学会 at 09:59| シンポジウム・フォーラム・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする