2013年10月17日

2013年11月23日(土)第5回時代考証学会シンポジウムの御案内

2013年11月23日(土)、時代考証学会・第5回シンポジウムを開催することになりましたので、ご連絡申し上げます。



時代劇メディアが語る歴史
―表象とリアリズム―


日時:2013年11月23日(土)13:00〜17:30(12:30開場)
開場:東京学芸大学・W110教室
   http://www.u-gakugei.ac.jp/07access/
   東京都小金井市貫井北町4−1−1
    ★会場は小金井キャンパスマップ(http://www.u-gakugei.ac.jp/pdf/gakugeimap2013a.pdf)の
    青色の13番 西講義棟(W110)です。

[アクセス]                              
 ・JR武蔵小金井駅・北口より
 【京王バス】〔5番バス停〕「小平団地」行に乗車、約10分。「学芸大正門」下車、徒歩約3分(徒歩の場合は約20分)
 ・JR国分寺駅より
 徒歩約20分(JR国分寺駅北口→早稲田実業学校→連雀通り/小金井市保健センター前)

参加費:1,000円


※69名のみなさまに参加していただきました。
ありがとうございました。

IMG_3691.JPG


[報告タイトル/報告者(報告順)]

「時代劇メディアと学問・観光の関わり−『鬼平犯科帳』を題材に−」
門野 里苗

時代考証学会・東京都公立学校時間講師


「マンガと時代考証―学習マンガを中心として―ある編集者の私見」
小泉 隆義

滑w研教育出版 図鑑・百科編集室 シニアプロデューサー


「ドラマ美術と時代考証」
岸  聡光

NHKアート 番組美術部 エクゼクティブ美術デザイナー


「時代劇メディアにおける演じ手の役割」
宍戸  開

俳優、写真家

※報告タイトルに一部変更がありました。

主催:時代考証学会(会長・大石学)
    時代考証学会事務局(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)
    〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1 東京学芸大学大石研究室 

 本シンポジウムは、公益財団法人放送文化基金・平成24年度研究助成(研究課題「時代考証学の構築にむけてV―時代考証学の成果を問う―」)によって運営されています。

〈申し込み方法〉
定員:120名(先着順) ※定員に達し次第、申し込みを締め切ります。  
申込期間:11月20日(水)まで
 どなたでもご参加いただけます。
 事前に申し込みが必要ですので、こちらのフォームまたはメール(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)に【お名前/メールアドレス/住所/今後時代考証学会からのお知らせを希望するか】をご記入のうえお申し込みください。
 後日当会より、整理番号をメールにてご返信させていただきます。

※お席に余裕がありますので引き続きご参加を受付ています。
期日が迫り、お申し込みいただいてもご返信できない場合があります。
事前にお申し込みいただかなくても、また、整理番号の返信がなくても、
当日会場へ直接お越しください。


 みなさまの御周辺に時代考証に関心がある人がおられましたら、お誘いあわせのうえ、ご来場いただきたく、お願い申し上げます。部分参加も歓迎いたします。
posted by 時代考証学会 at 05:14 | TrackBack(0) | シンポジウム・フォーラム・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック