2012年11月23日

2012年11月23日(金・祝)時代考証学会第4回シンポジウムの御案内

2012年11月23日(金・祝)、時代考証学会・第4回シンポジウムを開催することになりましたので、ご連絡申し上げます。




時代考証学会第4回シンポジウム
時代劇制作現場と学問のあいだ
―考証・指導・監修―


日時:2012年11月23日(金・祝)
時間:12:50〜17:20(開場12:20)
会場:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 東京 外苑キャンパス
http://www.kyoto-art.ac.jp/other/access02.html
   東京都港区北青山1-7-15
[アクセス]                              
   ■JR総武線「信濃町駅」より改札を左折、徒歩約5分
   ■東京メトロ半蔵門線・銀座線・都営地下鉄大江戸線「青山一丁目駅」より
0番出口、徒歩約8分

参加費:1,000円

※102名のみなさまに参加していただきました。
ありがとうございました。


DSCN1538.JPG

[プログラム]

12:50
開会挨拶・趣旨説明
竹村  誠

時代考証学会/公益財団法人墨田区文化振興財団/大河ドラマ「篤姫」資料提供

13:00
大河ドラマ制作における専門家と“学問”―時代考証学の構築に向けて―
工藤 航平

時代考証学会/国文学研究資料館機関研究員/大河ドラマ「龍馬伝」資料提供

13:45
ドラマにとって歴史とは何か
一柳 邦久

NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー/大河ドラマ「太平記」など多数の作品を制作

14:25
休憩

14:35
所作指導は憎まれっ子
二代目 猿若 清方

日本舞踊猿若流/大河ドラマ「義経」ほか多数の作品で所作指導
聞き手:竹村誠

15:20
時代劇を演じるにあたって
高橋 英樹

俳優/「桃太郎侍」ほか多数の時代劇に出演

16:00
休憩

16:10
パネルディスカッション
工藤航平・一柳邦久・二代目 猿若清方・高橋英樹


17:10
総括
佐藤 宏之

時代考証学会/鹿児島大学准教授/大河ドラマ「龍馬伝」資料提供

17:20
閉会


司会
:三野 行徳(時代考証学会/東洋英和女学院大学非常勤講師/大河ドラマ「新選組!」資料提供)

主催:時代考証学会(会長・大石学)
    時代考証学会事務局(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)
    〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1 東京学芸大学大石研究室 
 本シンポジウムは、公益財団法人トヨタ財団・2011年度研究助成プログラム(研究課題「時代考証学の確立とその方法論的研究」)および公益財団法人放送文化基金・平成23年度研究助成(研究課題「時代考証学の構築にむけてU―地域文化における大河ドラマの受容とその特質の解明―」)によって運営されています。

協力:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 東京 外苑キャンパス

〈申し込み方法〉
定員:100名(先着順) ※定員に達し次第、申し込みを締め切ります。  
 どなたでもご参加いただけます。
 事前に申し込みが必要ですので、こちらのフォームまたはメール(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)に【お名前/電話番号/年齢/性別】をご記入のうえお申し込みください。

 みなさまの御周辺に時代考証に関心がある人がおられましたら、お誘いあわせのうえ、ご来場いただきたく、お願い申し上げます。部分参加も歓迎いたします。
posted by 時代考証学会 at 12:20 | TrackBack(0) | シンポジウム・フォーラム・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック