2014年07月14日

『時代劇制作現場と時代考証』が出版されました。

大石学・時代考証学会編『時代劇制作現場と時代考証』が岩田書院より刊行されました。

 時代劇制作現場と学問・伝統文化のあいだの橋渡しをするのが、時代考証などの考証・指導・監修である。
 これまで時代考証家とよばれる人々がおこなってきた時代考証の作業が、考証・指導・監修など、様々な名称で分業化・協業化されてきた実態と意味を問おうとした第四回シンポジウムの成果報告集である。


第四回シンポ本.jpg
時代劇制作現場と時代考証


目次
 はじめに(大石学)
第一部 シンポジウム「時代劇制作現場と学問のあいだ」
 趣旨説明(竹村誠)
 大河ドラマ制作における専門家と”学問“―時代考証学の構築に向けて―(工藤航平)
 ドラマにとって歴史とは何か(一柳邦久)
 所作指導は憎まれっ子(猿若清方)
 時代劇を演じるにあたって(高橋英樹)
 パネルディスカッション(司会・三野行徳)
 時代考証学会第四回シンポジウムの成果と課題(佐藤宏之)
 時代考証学会第四回シンポジウム参加記(金井貴司)
 時代考証学会第四回シンポジウムアンケート(山田貴志)
第二部 時代劇の風景 ―配役データベース/映画助監督/儀式儀礼考証―
 「配役宝典」の制作工程と今後について(野口義晃)
 時代劇映画と助監督と時代考証と(倉橋龍介)
 大河ドラマ『平清盛』の儀式・儀礼考証(佐多芳彦)
 あとがき(山田貴志)

posted by 時代考証学会 at 04:18 | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『大河ドラマと市民の歴史意識』が出版されました。

大石学・時代考証学会編『大河ドラマと市民の歴史意識』が岩田書院より刊行されました。

 大河ドラマは、一つのテーマ、ストーリーを、一年にわたって放送する、予算、スタッフ、役者数などの点から、日本を代表する最大規模の歴史ドラマ・時代劇といえる。
 本書は、大河ドラマが市民の歴史意識形成にいかなる影響を与えたか、その社会性・公共性に注目して、時代考証の視点(史実とドラマ作りの関係)から検討した第三回シンポジウムの記録集、及びこのテーマに関連する論考を収め、時代劇ドラマと市民の歴史意識を論じようとしたものである。

第三回シンポ本.jpg
大河ドラマと市民の歴史意識


目次
 はじめに(大石学)
第一編 時代考証学会 第三回シンポジウム「大河ドラマと市民の歴史意識」
  序 歴史作品と時代考証(大石学)
  趣旨説明(野本禎司)
 第1部 大河ドラマの中の幕末像 
  大河ドラマの中の新選組と幕末―時代考証を通じて―(三野行徳)
  大河ドラマ『龍馬伝』と龍馬暗殺の背景(桐野作人)
  大河ドラマ『龍馬伝』がめざしたもの(鈴木圭)
  パネルディスカッション(司会・工藤航平)
 第2部 大河ドラマと江戸時代
  大河ドラマの過去・現在・未来―出演経験を通じて―(江守徹)
  大河ドラマと江戸時代像―時代考証の経験から―(竹内誠)
  時代劇ドラマの現代性とフィクション・ノンフィクション
       ―第三回シンポジウムの成果と課題―(竹村誠)
  歴史作品に対する市民意識の一考察
       ―第三回シンポジウムのアンケートから―(山田貴志)

第二編 市民の歴史意識と時代考証学
  『鞍馬天狗』と『竜馬がゆく』のあいだ―高度成長期の大衆意識と文学―(小川和也)
  行き倒れ人の取り扱いおよび埋葬に関する一考察(安田寛子)
  教材編集と市民の歴史意識(安藤紗織)
  電子書籍における歴史コンテンツの展望(土屋ゆふ)
  長崎市におけるNHK大河ドラマ『龍馬伝』の影響
     ―市民の歴史認識構築と地域文化の再生産―(工藤航平)
 あとがき(野本禎司)

posted by 時代考証学会 at 04:14 | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする