2014年04月24日

2014年6月28日(土)第4回フォーラムin仙台のご案内

時代考証学会第4回フォーラムを下記のとおり、仙台市で開催することになりましたので、ご案内申し上げます。



時代考証学会第4回フォーラムin仙台

伊達政宗と時代劇メディア
−地域の歴史・文化を描き、伝えること−


日時:6月28日(土)10:00〜16:30(開場9:30)
会場:仙台市博物館 ホール
   〒980-0862 仙台市青葉区川内26番地 <仙台城三の丸跡>
    http://www.city.sendai.jp/kyouiku/museum/guide/access/
アクセス:
【仙台市営バスご利用の場合】
・仙台駅西口バスプール9番乗場 710〜720系統のバス(718系統を除く、青葉台・成田山・宮教大・動物公園循環・交通公園川内(営)行)で約10分、「博物館・国際センター前」下車、徒歩3分
・仙台駅西口バスプール15-3番乗場 「るーぷる仙台」で約20分、「博物館・国際センター前」下車、徒歩3分

参加費:1,000円


※172名のみなさまにご参加いただきました。
ありがとうございました。

IMG_4437.JPG

[プログラム]

10:00〜
開催挨拶・趣旨説明
工藤航平
時代考証学会


伊達政宗を取り上げた時代劇メディアの変遷
神谷大介

時代考証学会


政宗を読み直す−メディア、通説の政宗像と実像のギャップ−
菅野正道

仙台市博物館市史編さん室室長


伊達政宗公と仙台市の観光について
小山裕行

仙台市経済局国際経済・観光部観光交流課主幹


13:00〜
政宗を描くって大変!−制約から始まる可能性−
千葉真弓

まちのほこり研究室 代表取締役 美術・文化財担当/
河北新報かほピョンこども新聞連載『独眼竜政宗』作者


市民が伝える伊達政宗−瑞鳳殿ガイドの会の活動を通じて−
松葉コ壽

観光ボランティアガイド「瑞鳳殿ガイドの会」会長


二つの独眼竜
吉村芳之

元NHK制作局ディレクター/大河ドラマ『独眼竜政宗』演出、
BS-TBS『臥竜の天〜伊達政宗・独眼竜と呼ばれた男〜』監督など


パネルディスカッション
司会 野本禎司
時代考証学会


総括
菊池慶子
東北学院大学文学部教授


閉会挨拶
大石学
時代考証学会会長


ポスター0422.jpg


[主催/お問い合わせ先]時代考証学会
  時代考証学会事務局 
  〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1 東京学芸大学大石研究室
  jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください
[共催]仙台市博物館
[後援]宮城県教育委員会、仙台市市民文化事業団、仙台観光コンベンション協会、河北新報社、NHK仙台放送局

[申し込み方法]
申込期間:6月6日(金)まで(往復葉書の場合は当日消印有効)

定員:150名
※応募者多数の場合、厳正な抽選の上、6月中旬までに当落の結果をご連絡いたします。

どなたでもご参加いただけます。
応募方法は、こちらのフォーム、もしくはメール(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)または往復ハガキに【お名前/ご住所/電話番号/メールアドレス/今後時代考証学会からのお知らせを希望するか】をご記入のうえ、お申し込みください。
※定員に達しましたので募集を終了いたしました。
posted by 時代考証学会 at 00:00 | TrackBack(0) | シンポジウム・フォーラム・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする