2019年10月03日

2019年11月30日(土)第11回時代考証学会シンポジウムのご案内

2019年11月30日(土)に、第11回時代考証学会シンポジウムを開催することになりましたので、ご連絡申し上げます。


時代劇メディアと「ポップ・カルチャー」の境界を歩く



【日時】2019年11月30日(土)13時〜(12時30分受付開始)
【会場】明治大学和泉キャンパス 第一校舎211教室
    〒168-8555 東京都杉並区永福1-9-1
 ※明治大学駿河台キャンパス(御茶ノ水駅・神保町駅)ではございませんので、
  ご注意下さい。

【アクセス】京王線・京王井の頭線「明大前駅」徒歩約5分
      https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/izumi/access.html
    ※「明大前駅」は、「新宿駅」から京王線、または、
     「渋谷駅」から京王井の頭線で約10分です。
【参加費】500円


【報告タイトル/報告者(敬称略)】

時代劇メディアの中の「ポップ・カルチャー」
ー時代考証の所在を手掛かりにー

花岡敬太郎
(時代考証学会、日本近現代史)


剣豪イメージと時代コンテンツの変遷
―柳生十兵衛を事例として―

玉井 建也

(東北芸術工科大学准教授、日本近世史、コンテンツ学)


時代考証数珠繋ぎ

尼子騒兵衛
(漫画家、『落第忍者乱太郎』作者、『忍たま乱太郎』原作者)


【コメント(敬称略)】

大橋 崇行
(東海学園大学准教授、日本近代文学、作家)


第11回シンポ.jpg


【主催】時代考証学会(会長・大石学)
    時代考証学会事務局(jidaikousyou[at]live.jp)
                 ※[at]を@にかえて下さい。
    〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1
                 東京学芸大学大石研究室 

【申し込み方法】
定員:100名200名(先着順)  
事前申し込み期間:11月27日(水)まで
 どなたでもご参加いただけます。
 事前申し込みが必要です。こちらのフォームまたはメール(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえて下さい)に【お名前/メールアドレス/今後時代考証学会からのお知らせを希望するか】をご記入の上お申し込み下さい。
 後日当会より、整理番号をメールにてご返信させていただきます。

※参加申し込みが、すでに定員100名に達しましたが、会場側と再度調整し、定員を200名まで拡大させていただきました。


※10月5日に申し込みされた方で、アドレスが返信できない方がおられます。
返信メールが届いていない方は、お手数ですが別のアドレス等から再度お申し込みください。


※10月12日までにお送り下さったメールには受付メールを送信しております。ただ、メールによっては当会からのメールが「迷惑メール」フォルダーに入ってしまうことがあります。まだお手元に受付メールが届いていない方は、「迷惑メール」フォルダーをご確認いただき、そちらにも届いていない場合は、お手数ですが別のメールアドレスよりお申し込みください。

みなさまの御周辺に時代考証に関心がある人がおられましたら、お誘いあわせのうえ、ご来場いただきたく、お願い申し上げます。部分参加も歓迎いたします。
posted by 時代考証学会 at 18:09| シンポジウム・フォーラム・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

2019年9月21日(土)時代考証学会・第13回サロンのご案内

時代考証学会第13回サロンを以下のとおり、開催いたします。


浮世絵指導・絵画指導
/再現制作における時代考証


報告者

向井 大祐氏

(東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻
保存修復日本画 教育研究助手)


 時代考証学会では、時代劇メディアは、さまざまな学問や専門領域が関わってできる歴史作品であることを確認してきました。当会でのこれまでの取り組みのなかで、所作、美術、建築など様々な専門領域が考証、指導、監修を通して、ある社会の復元を行っていることが明らかにされてきました。それらの専門領域は、それぞれ個別的に特有の関わり方をしながら考証、指導、監修が行われています。例えば所作指導は、指導者の経験を基に指導を行うなど、指導者本人の技術・技能が必要とされる考証・指導もあります。このように多様化している時代劇メディアへのそれぞれの個別的な関わりを、当会では具体的に明らかにし体系化できるように努めています。
 近年の時代劇メディアでは、江戸の料理や医者など専門的なテーマを主題とするものもあります。浮世絵師を取り挙げた時代劇ドラマもその一つです。浮世絵に関する時代劇メディアでの再現においては、指導者本人がその日本画の描き方を会得し、実際に作成しているという経験が必要になってきます。今回は浮世絵という江戸時代に花開いた芸術文化を取り挙げ、指導者の会得した技術、経験に基づく指導・考証が時代劇メディアとどのように関わっているか、その際の問題点などを考えてみたいと思います。
 ご報告いただく向井大祐さんは、東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻保存修復日本画の教育研究助手を勤め、浮世絵の復元などの分野でご活躍されています。NHK特集ドラマ「眩〜北斎の娘〜」では浮世絵指導、NHK大河ドラマ「西郷どん」、NHKドラマ「永遠のニシパ」、舞台「北齋漫畫」では絵画指導を担当し、撮影に使用した浮世絵作品の制作もしています。また、絵画などをテーマとしたドキュメンタリー番組にも出演しています。浮世絵の描き方、絵具や筆などの小道具の具体的なお話から、ご自身の専門分野との関連などをお話しいただき、議論を深めていきたいと思います。

※多くの方々にご参加いただきました。
ありがとうございました。

13回サロン.jpg


日 時:2019年9月21日(土)14:00開始
会 場:明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント3階 4031教室

 (http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
アクセス:
 ■JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩約3分
 ■東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩約5分
 ■都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩約5分
資料代 200円

≪申し込み方法≫
申込期間 9月16日(月)まで
定員 30名(先着順)
どなたでもご参加いただけます。
※事前に申し込みが必要です。こちらのフォームより、またはメール(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)に【お名前/メールアドレス/今後時代考証学会からのお知らせを希望するか】をご記入のうえ申込期間内にお申し込みください。後日当学会より整理番号をメールにてご返信させていただきます。

※お席に若干の余裕がありますので引き続きご参加を受付ています。
 期日が迫り、お申し込みいただいてもご返信できない場合があります。
 事前にお申し込みいただかなくても、また、整理番号の返信がなくても、当日会場へ直接お越しください。

みなさまの御周辺に時代考証に関心がある人がおられましたら、お誘いあわせのうえ、ご来場いただきたく、お願い申し上げます。部分参加も歓迎いたします。
posted by 時代考証学会 at 12:05| シンポジウム・フォーラム・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

2019年3月23日(土)時代考証学会・第12回サロンのご案内

時代考証学会第12回サロンを以下のとおり、開催いたします。


幕末=明治維新表象と地域性
河井継之助(越後長岡藩)を中心に


報告者

羽鳥 隆英

(新潟大学人文学部助教、国際日本文化研究センター客員准教授、
東京女子大学現代教養学部非常勤講師)


 これまで、時代考証学会では時代劇メディアと地域の歴史との関係性について、多くの議論を積み重ねてきました。時代劇メディアが地域の歴史叙述の内容や方法をどのように変化させ、人々に受容されていったのか。その過程で顕在化する表象とリアリズムの問題などに迫ってきましたが、今回のサロンでは逆のベクトル、すなわち地域の歴史が時代劇メディアに及ぼす様々な影響について考えていきます。
 ご報告いただく新潟大学人文学部助教・羽鳥隆英さんは、演劇や映画の分析を通じて大衆文化の解明に取り組まれています。2016年には『日本映画の大衆的想像力 《幕末》と《股旅》の相関史』(雄山閣)を出版されました。同書は国民国家日本の建国神話に相当する幕末=明治維新表象について、大衆文化の中心に位置した映画に焦点を当て、1920年代から21世紀の《現在》に至るまでの過程を通時的に考察したものです。
 そうした成果を踏まえ、今回のサロンでは、幕末=明治維新表象と地域性の相関史について、慶応4年(1868)の戊辰戦争において越後長岡藩を主導した河井継之助の事例などを取り上げてお話しいただきます。幕末剣劇『月形半平太』などを人気演目に持つ新国劇のような劇団が全国を巡業する場合、あるいは京都や東京の撮影所を起点に製作された大手映画会社の幕末映画が全国的に配給される場合、各地の地域性、特に幕末=明治維新当時の政治的立場は、実際の上演や上映にいかなる偏差を生み出したのでしょうか。
 ご報告を通じて、時代劇メディアと地域との関係性について、議論を深めていければ幸です。

※多くの方々にご参加いただきました。
ありがとうございました。

sDSC_8882.jpg


日 時:2019年3月23日(土)14:00開始
会 場:明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント 403D

 (http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
アクセス:
 ■JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩約3分
 ■東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩約5分
 ■都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩約5分
資料代 200円

≪申し込み方法≫
申込期間 3月20日(水)まで
定員 30名(先着順)
どなたでもご参加いただけます。
※事前に申し込みが必要です。こちらのフォームより、またはメール(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)に【お名前/メールアドレス/今後時代考証学会からのお知らせを希望するか】をご記入のうえ申込期間内にお申し込みください。後日当学会より整理番号をメールにてご返信させていただきます。

※お席に余裕がありますので引き続きご参加を受付ています。
 期日が迫り、お申し込みいただいてもご返信できない場合があります。
 事前にお申し込みいただかなくても、また、整理番号の返信がなくても、当日会場へ直接お越しください。

 ※お申込みいただいた方への受付の返信メールが届いていない場合があります。
 お申込みいただいた方は直接会場へお越しください。
posted by 時代考証学会 at 19:22| シンポジウム・フォーラム・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

2019年3月9日(土)時代考証学会10周年記念シンポジウムの御案内

2019年3月9日(土)時代考証学会10周年記念シンポジウムを開催することになりましたので、ご連絡申し上げます。

 時代考証学会は2009年11月に活動をスタートさせ、10周年を迎えることができました。10周年を記念して、シンポジウム「江戸時代像を考える−歴史学・時代劇と時代考証−」を開催します。今回は、会の議論の原点を振り返り、江戸時代を描いた作品をめぐる、歴史学と時代劇制作と時代考証との関係を考えてみたいと思います。

日 時:2019年3月9日(土)13時〜17時30分(12:40開場)
会 場:明治大学 リバティタワー1143教室
    東京都千代田区神田駿河台1−1
[アクセス]                              
  ・JR中央線・総武線・東京メトロ丸ノ内線御茶ノ水駅下車徒歩約3分
  ・東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅下車徒歩約5分
  ・都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線神保町駅下車徒歩約5分
  http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
参加費:500円

※多くの方々にご参加いただきました。
ありがとうございました
2oPT-S-E(10周年シンポ).jpeg


時代考証学会10周年記念シンポジウム

江戸時代像を考える
−歴史学・時代劇と時代考証−



【報告タイトル/報告者】

江戸時代の歴史的位相と人格・心性

深谷克己氏

(早稲田大学名誉教授 日本近世史)


時代劇で人間を描く

黛りんたろう氏

(ドラマ演出家 元NHKエンタープライズ


江戸イメージの転換と時代考証

大石 学

(東京学芸大学教授 時代考証学会会長)


時代考証学会10周年記念シンポジウム.jpg


主催:時代考証学会(会長・大石学)
    時代考証学会事務局(jidaikousyou[at]live.jp)
                 ※[at]を@にかえてください
    〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1
                 東京学芸大学大石研究室 

〈申し込み方法〉
定員:100名(先着順)  
事前申込期間:3月3日(日)まで
 どなたでもご参加いただけます。
 事前に申し込みが必要ですので、こちらのフォームまたはメール(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)に【お名前/メールアドレス/今後時代考証学会からのお知らせを希望するか】をご記入のうえお申し込みください。
 後日当会より、整理番号をメールにてご返信させていただきます。

※お席に余裕がありますので引き続きご参加を受付ています。
 期日が迫り、お申し込みいただいてもご返信できない場合があります。
 事前にお申し込みいただかなくても、また、整理番号の返信がなくても、当日会場へ直接お越しください。

 ※お申込みいただいた方への受付の返信メールが届いていない場合があります。
 お申込みいただいた方は直接会場へお越しください。

みなさまの御周辺に時代考証に関心がある人がおられましたら、お誘いあわせのうえ、ご来場いただきたく、お願い申し上げます。部分参加も歓迎いたします。
posted by 時代考証学会 at 10:46| シンポジウム・フォーラム・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

2018年11月24日(土)第10回時代考証学会シンポジウムの御案内

2018年11月24日(土)に、第10回シンポジウムを開催することになりましたので、ご連絡申し上げます。


今年の時代考証学会のシンポジウムでは、「他者」と時代劇メディアをテーマとして日本の時代劇メディアにおいて日本列島の北(アイヌ・蝦夷)と南(琉球・奄美)の諸民族がどのように描写されてきたのかについて考えたいと思います。

日 時:2018年11月24日(土)13時〜(12:40開場)
会 場:明治大学駿河台校舎1074教室(リバティタワー7階)
    東京都千代田区神田駿河台1−1
   
   *会場の情報に誤りがありました。以下のように訂正いたします。たいへんご迷惑をおかけいたしました。
    (誤)1011教室 → (正)1074教室

[アクセス]                              
  ・JR中央線・総武線・東京メトロ丸ノ内線御茶ノ水駅下車徒歩約3分
  ・東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅下車徒歩約5分
  ・都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線神保町駅下車徒歩約5分
  http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
参加費:500円



【報告タイトル/報告者】

時代劇メディアにおける琉球・蝦夷を描くこと
『テンペスト』 と 『火怨・北の英雄 アテルイ伝』の経験を踏まえて(仮)
田中英治

(演出家。NHKエンタープライズ)


アイヌ民族とシェイクスピアを創る
『アイヌ オセロ』 
下館和巳

(シェイクスピア・カンパニー主宰、演出家。東北学院大学教授)


時代劇メディアの中のアイヌ
『コタンの口笛』 から 『ゴールデンカムイ』 まで
中川 裕

(千葉大学教授。アイヌ語研究。『ゴールデンカムイ』アイヌ語監修)


主催:時代考証学会(会長・大石学)
    時代考証学会事務局(jidaikousyou[at]live.jp)
                 ※[at]を@にかえてください
    〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1
                 東京学芸大学大石研究室 
〈申し込み方法〉
定員:100名(先着順)  
事前申込期間:11月21日(水)まで
 どなたでもご参加いただけます。
 事前に申し込みが必要ですので、こちらのフォームまたはメール(jidaikousyou[at]live.jp ※[at]を@にかえてください)に【お名前/メールアドレス/今後時代考証学会からのお知らせを希望するか】をご記入のうえお申し込みください。
 後日当会より、整理番号をメールにてご返信させていただきます。

※お席に余裕がありますので引き続きご参加を受付ています。
 期日が迫り、お申し込みいただいてもご返信できない場合があります。
 事前にお申し込みいただかなくても、また、整理番号の返信がなくても、
 当日会場へ直接お越しください。


みなさまの御周辺に時代考証に関心がある人がおられましたら、お誘いあわせのうえ、ご来場いただきたく、お願い申し上げます。部分参加も歓迎いたします。
posted by 時代考証学会 at 09:59| シンポジウム・フォーラム・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする